6月 212004
 

酒同好会「楽酒会(ラクシュカイ)


第8回楽酒会酒蔵見学記

日時:平成16年11月27日(土)
場所:神奈川県厚木市七沢769
清酒「盛升」醸造元 黄金井酒造(株)

11月27日、季節外れの台風のため前日まで天候の不安が有りましたが、当日は快晴となり絶好の旅日和となりました。
参加者は、午前8時15分に東京駅丸の内南口東京中央郵便局前に集合しました。

貸し切りバスでさあ出発。バスの中では早速酒盛りが始まりました。利き酒は大丈夫かなあ。 首都高、東名を通り一路目的地へ。台風一過により、車窓から雪を被った富士山がくっきり見える。途中渋滞も無く相当早めに到着。 武蔵野の雑木林の面影を残す山々の間、谷、沢、のある場所。 たっぷり時間が有ったので、すぐ近くの県立七沢森林公園を散策。 木々がきれいに紅葉しています。
紅葉は写真より、もっときれいだった。何人かの方が写生をしていました。 一枚、記念写真を いよいよ、酒蔵見学です。黄金井酒造さん。 酒蔵定番の杉玉。新酒が出来上がると、緑の杉玉に替えられ新酒ができた事を知らせます。 まずはビデオで酒が出来るまでの工程を学習します。大吟醸は、精米が35%になるまで磨いた米で作るそうです。では残った米粉はいったいどうするのでしょう。
煎餅の原料になるそうです。
いよいよお待ちかねの試飲タイムです。
皆さん静かに飲んでください。(しい~ん)
黄金井酒造 製品ラインナップ。お土産用?に何本も購入する人も。 みんなで記念撮影です。 昼食は七沢温泉の福元館で。名物である猪なべ(関西方面では牡丹鍋)をいただく。臭みがあると思っていたが、柔らかく美味しいお肉でした。 温泉は、ぬるぬるした湯の様です。足元が危なくなるので、酔っての入浴は危なそうです。
福元館女将がご挨拶に参られました。

楽しい食事の後、一路東京へ。帰りも全く渋滞がなくスムースに帰路に着きました。帰りのバスの中では広島弁での自己紹介があったりと、楽しい一日を過ごすことが出来ました。まだ参加されてない方、来年は是非参加してみてはいかがでしょうか。
最後に、幹事の方本当にご苦労様でした。


 Posted by at 10:38 AM

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)