8月 032012
 

広島大学東京オフィスでは、下記のとおり東京イブニングセミナーを
開催します。

今回は、大学院医歯薬保健学研究科の田原栄俊教授から、「あなたを救う
次世代のがん診断・治療法の実用化」と題して、また永田靖教授から、
「高精度放射線治療の最前線」と題して講演をお届けします。

医療に携わる方にも、また一般の方にとっても非常に興味深い内容の
講演です。

みなさま奮ってご参加ください!

【日時】2012年9月14日(金)18:00~21:00(受付17:30~)
【場所】キャンパスイノベーションセンター東京(東京都港区芝浦3-3-6)
【費用】講演会無料(交流会2,000円)

【プログラム】
18:00~18:10 講師紹介及び関連部局の紹介(2階多目的室2)
小林 正夫(大学院医歯薬保健学研究院長・研究科長 小児科学 教授)

18:10~19:50 講演・質疑応答(2階多目的室2)
(1)あなたを救う次世代のがん診断・治療法の実用化
田原 栄俊(大学院医歯薬保健学研究院・細胞分子生物学 教授)

(2)高精度放射線治療の最前線
永田 靖(大学院医歯薬保健学研究院・放射線腫瘍学 教授)

20:00~21:00 交流会(4階広島大学408会議室)

<概要>
(1)あなたを救う次世代のがん診断・治療法の実用化

高齢化社会を迎えた現代において、加齢によって増加するがんや
成人病などの予防、診断、治療が重要になっています。定期健康診断や
人間ドックでは、早期に疾患を発見できないことが問題であり、疾患の
罹患リスクや症状発症前の超早期診断技術の開発が待ち望まれています。
特にがんの治療は、早期がんでの治療成績が飛躍的に改善され、がんの
超早期診断システムが重要視されています。

そのような中、近年のバイオテクノロジーの発展はめざましくヒトの
ゲノムが10万円程度の費用で1日で解読できるようになってきました。
また、最近の研究で、「エクソソーム」とよばれるウイルスのように
小さなカプセルが色々な細胞から分泌されて血管、唾液など体液中に
循環していることがわかってきました。しかも、エクソソームの中には、
タンパク質をコードしない22塩基程度の「マイクロRNA」が含まれていて、
しかも分泌された細胞に特有なマイクロRNAを含んでいることが明らかに
なりました。

さらに驚くべきことに、このマイクロRNAは、がんをはじめ様々な疾患の
超早期診断マーカーになることがわかってきました。また、マイクロRNAを
がん治療やアルツハイマー病などの老化疾患の治療への応用も期待されて
おり、抗体医薬の次を担う核酸医薬品として注目されています。

このように、「マイクロRNA」と「エクソソーム」は、次世代の診断法・
治療法として世界中で注目されています。これらが、近い将来に画期的な
早期診断や革新的治療にむすびき、皆さんの大切な人を守る診断・治療に
なる可能性についてお話しいたします。

(2)高精度放射線治療の最前線

近年の科学技術の進歩は、従来の放射線治療に大きな変革をもたらしま
した。特に画像診断技術の進歩によって病気の形をより正確にとらえら
れることが可能となりました。また、体内に照射された放射線のより正確な
線量を計算することが可能となりました。一方では、機械工学の進歩により、
最先端の放射線治療技術が編み出されてきました。近年は多くの早期癌が、
手術ではなく放射線治療で根治が可能となっています。

本日は、わが国における高精度放射線治療技術の進歩、特に定位(ていい)
放射線照射、強度変調(きょうどへんちょう)放射線治療や画像誘導(がぞう
ゆうどう)放射線治療について概説させていただきます。広島大学はこの中
では、肺癌や肝臓癌に対する定位照射や、強度変調回転照射において、最先
端の業績を持っています。

また、平成26年度に広島駅前に完成予定の広島高精度放射線治療センタ
(仮称)についてもご紹介致します。

【お申込み方法】
「参加申込書」または以下の申込フォームに所定の事項を記入頂き、FAX
あるいはE-mailにて東京オフィスまでお申込み下さい。(定員60名)

【申込み・問合せ先】
広島大学東京オフィス
電話:03-5440-9065
FAX:03-5440-9117
E-mail: liaison-office@office.hiroshima-u.ac.jp

【詳細は以下のURLをご参照ください】
http://www.hiroshima-u.ac.jp/news/show/id/14591

◇◇◇◇ —申込フォームここから— ◇◇◇◇

■基本情報
氏名:
カナ氏名:
会社名、学校名:
業種:
部署、役職、学年など:

■連絡先
勤務先・学校、または自宅のどちらかを必ずご記入ください。

<勤務先・学校>
〒:
住所:
電話番号:
FAX番号:
E-Mail:

<自宅>
〒:
住所:
電話番号:
FAX番号:
E-Mail:

■( )内に○印をつけてください。
・講演会後の交流会(費用2,000円は当日支払い):( )参加 ( )不参加

・何を見て申込まれましたか?
( )DM ( )E-Mail ( )メルマガ ( )広大HP
( )東京オフィスHP ( )新聞 ( )知人 ( )先生の紹介
( )その他

・広大関係者( )同窓会会員 ( )工業会 ( )県人会 ( )他

上記の情報は今後のイベント案内に使わせていただくことがあります。
以下のいずれかに印をお付けください。
( )必要 ( )不要

◇◇◇◇ —申込フォームここまで— ◇◇◇◇

広島大学 東京オフィス
〒108-0023
東京都港区芝浦3-3-6
キャンパス・イノベーションセンター409号室
TEL:03-5440-9065  FAX:03-5440-9117
E-mail:liaison-office@office.hiroshima-u.ac.jp(東京オフィス)
URL:http://www.hiroshima-u.ac.jp/liaison/


 Posted by at 3:26 PM

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)