6月 052017
 
5月19日(金)、東京広島県人会創立70周年を記念して、広島での初めての懇親会が開催された。
会場の広島市のリーガロイヤルホテルには開宴の午後5時30分よりかなり前から参加する人たちが集まり始めた。
開宴に当たっては木管四重奏団の「あんさんぶる みゅー」が歓迎の演奏をし、参加者は328名となった。
まず大竹美喜会長が「戦後の混乱が続いているときに、在京の広島県人が集まって懇親の実を深めようとしたのが東京広島県人会の始まりと聞いている」と話し、
現在の大竹会長まで10代に わたる歴代会長を当時の時代状況に絡めて紹介された。
そして「これから10年、20年、30年先を見据えて何をなすべきかをじっくりと考え、
具体的な行動に移してゆきたい。
今年の元旦の日経新聞1ページ目のトップの見出しは『当たり前はもうない』でした。
昨日までの延長線上にない断絶の時代が私たちに迫っている。
フランス・パリ市の紋章には、『揺れても沈まず』というラテン語が書いてある。
当時の船乗りの心意気を示したもので私の大好きな言葉だ。
こうした変化の激しい時代に東京広島県人会が力を合わせて情報を収集し、
故郷にご支援を続けたいと思っている」と挨拶された。
P5190026
P5190031
続いて来賓の湯﨑英彦広島県知事が挨拶に立ち、
70年前と現在の広島県の経済状況のデータを比較して、
大きく発展・成長してきたことを説明した後、
「広島県は現在『イノベーション立県』を目指して付加価値を高めてゆこうとしている。
これまでの県民の努力に敬意を表するとともに、
東京広島県人会の諸先輩方が、これからも活躍されて大きな貢献をしていただくことを期待し、またお願いしたい」と挨拶された。
また県内の23市町を代表して広島市の松井一實市長、
また経済界を代表して深山英樹広島県商工会議所連合会・広島商工会議所会頭が祝辞を述べられた。
さらに多忙な中、駆けつけていただいた岸田文雄外務大臣が「東京広島県人会は、東京にある各県人会の中で最も盛んな一つであり、
誇らしく思っている。広島県に関わるものにとって心の支え、活動の支えとなっていただくよう、70周年を弾みとして一層発展されることを心から願っている」と挨拶された。
P5190046-1
この後、昭和35年に誕生した少年合唱隊や広島大学付属高校関係者のコールアカシアが
「さくら」と「大地讃頌」を合唱した後、東京広島県人会の角廣 勲副会長が乾杯の発声をされ、懇親会がスタートした。
会場では東京広島県人会の70年の歩みや東京の広島ゆかりの場所を紹介する映像も上映され、
あちこちで懇談の輪が広がった。
また「ひろしま、宝しまレディ」が観光PRをし、
「ひろしま さとやま未来博2017」や「学びの変革」について広島県の担当者から説明があった。
さらに参加された国会議員や県内政界の議員、経済界からの出席者、他県の県人会代表が紹介された。
そして広島交響楽団が弦楽四重奏で名曲の数々を演奏し、神楽
安芸高田神楽が「ヤマタノオロチ」を熱演して、それぞれ盛んな拍手を受けた。
続いて記念懇親会のためにワインや名産品を提供していただいた関係者が紹介された。
最後に、東京広島県人会の金井誠太副会長が中締めを行い、
参加者は名残を惜しみながら記念懇親会の会場を後にした。

2月 162017
 

東京広島県人会 70周年記念 新春懇親パーティ

今年創立70周年を迎えた東京広島県人会の新春懇親パーティが1月24日(火)品川プリンスホテルで開催された。オリンピックでメダルを獲得した金藤理絵選手、山縣亮太選手ら、そして数々の受賞に輝くアニメ「この世界の片隅に」の片渕須直監督、出演した「のん」さんらの参加、さらには昨年優勝したカープの緒方孝市監督の登場など会場は大きな盛り上がりを見せた。

th_007

当日、会場の品川プリンスホテルには、開宴の午後6時前から東京はもちろん地元広島や各地から次々と参加者が集まり、およそ千人が参加した。
午後6時に開会し、まず長年にわたって東京広島県人会に貢献されてきた角田式美初代幹事長など、昨年逝去された方々に黙とうを捧げた。

最初に大竹美喜会長が「昨年はアメリカで新しい大統領が誕生し歴史的な分水嶺だったかもしれない。一方日本は広島の年だった。私は9代目の会長になるが70周年を迎えた今年の新春パーティが盛大に催されることはたいへん嬉しい。5月19日には広島財界の要請もあり、広島で70周年の記念の懇親会を開催する。国内に9、海外に28の県人会があるが、広島への参加を呼びかけている。今日お集りの皆様もこぞってご参加いただきたい。本年皆様に大いなる幸せが訪れますよう祈念します」と挨拶された。

th_159th_162

 

続いて湯﨑英彦県知事が「70周年の県人会が盛大に催されて例年に増してのお慶びを申し上げたい。昨年は広島イヤーだった。マツダの世界的な受賞に始まり、オバマ大統領の来訪、オリンピックでの本県出身選手の大活躍、カープの25年ぶりの優勝、それに都道府県の『美肌ランキング1位』や『売れ筋商品ランキング』で『広島』が『小結』となったり、『この世界の片隅に』がキネマ旬報第1位となったりで、広島が大変盛り上がり、知事冥利に尽きると言ってよかった。さらには平成27年の国勢調査の結果、広島県が40年振りに『社会増』となって人口の減少に歯止めがかかり始めたという大きなニュースも飛び込んだ。」と話した。
そして湯﨑知事は「今年はカープが日本一となり、サンフレッチェも優勝して50万人が集まるパレードが出来たらと夢みている。3月には『さとやま未来博』がスタート、『廃校リノベーション』をクラウドファンディングで計画したり、『学びの変革』を国に先駆けて進めたりと、昨年以上に盛り上がるよう頑張りたい」と強調された。

th_183

ここで多忙な中駆けつけていただいた岸田文雄外務大臣が祝辞を述べられた後、来賓の宇田伸県議会議長と、旭日大綬章を受けた中川秀直氏が紹介され、さらに経済界や国会議員、地元市町長なども紹介されて、児玉幸治副会長の発声により、広島の各蔵元から提供された日本酒で乾杯し懇談がスタートした。会場には名物のお好み焼きなど地元の料理や食材も登場した他、茶道上田宗箇流の添え釜もあり、あちこちで楽しそうな会話が交わされていた。

th_194

今回の新春パーティでは、70周年にふさわしい企画として、まずオリンピックの水泳200m平泳ぎで金メダルを獲得した庄原市出身の金藤理絵選手、陸上400mリレー銀メダルの広島市出身の山縣亮太選手、尾道市出身で卓球女子日本代表の村上恭和監督、金藤選手のコーチの加藤健志水泳日本代表コーチが登場した。インタビューで日頃の練習ぶりやオリンピックでのエピソードなども披露され、盛んな声援を受けた。

 

th_289 (002)

 

th_335 (002)

 

 

 

 

 

 

続いて、国内だけでなく海外でも大ヒット上映中のアニメーション映画「この世界の片隅に」で、“主役の声”を演じた女優の「のん」さん、片渕須直監督、真木太郎プロデューサーが登壇した。映画はキネマ旬報の日本映画第1位に選ばれたほか監督賞も受賞し、ブルーリボン賞でも監督賞に選ばれるなど多くの賞を受賞した。壇上では「のん」さんが広島弁をどのように練習したのか、また片渕監督や真木プロデューサーが作品への思いや制作の苦労を話してくれた。

th_351 th_238

いよいよカープのコーナーになると会場から一段と声援が大きくなる中、スクリーンに優勝シーンが上映された。松田一宏オーナー代行と緒方孝市監督が登場すると、会場からは一層大きな拍手が送られた二人はそれぞれ優勝の喜びを語ってくれたが、緒方監督は「連続優勝と日本一を目指す」と決意を新たにしていた。出席できなかった新井貴浩、田中広輔、丸佳浩、安部友裕、鈴木誠也の各選手が、RCCの協力でビデオメッセージで登場し、応援への感謝や今シーズンへの抱負を語り、花を添えてくれた。

th_368

さらに、青山学院大学陸上競技部の原晋監督、世羅高校陸上競技部の岩本真弥監督、大相撲の高田川勝巳親方、サンフレッチェ広島の織田秀和社長が登壇し一言挨拶したのに続いて、各界で活躍している方々が壇上で紹介された。

ここで広島県から「さとやま未来博」や「学びの変革」についての説明と協力要請が有り、「ひろしま、宝島レディ」の二人から観光PRが行われた。

そして松尾康二副会長が、シューベルトの交響曲「未完成」を会場に流しながら、「広島」への熱い思いを語って中締めとなり、参加者は「今度は広島で会いましょう」などと話しながら、名残惜しそうに会場を後にした。

 

th_448th_451

 


 

11月 102016
 

2016年(平成28年)1012日(水)、一般社団法人 東京広島県人会の秋季役員懇親会が、138名の出席を得て、東京ドームホテルで開催された。

まず開会に先立ち、先ごろ逝去された角田式美東京広島県人会元幹事長に、全員で黙とうした。

大竹美喜会長が、湯﨑英彦知事や宇田伸県議会議長など参加された皆さんへ感謝された後、「今年のカープ優勝は誠に喜ばしいことで、経済効果は300億円というデータもある。また夏のオリンピック・パラリンピックでは、広島県出身の水泳の金藤理絵選手が金メダルに輝き、陸上の山縣亮太選手が400mリレーで銀メダルと大活躍され、嬉しいニュースが続いた。東京広島県人会の70周年記念事業として、来年5月に広島市で「70周年記念懇親会」を開催することが今日の理事会で正式に決定した。10年先、20年先を見据えて故郷のために頑張ってゆきたい」と挨拶された。

続いて湯﨑英彦知事が、「今年はマツダのロードスターがワールド・カー・オブ・ザ・イヤーとワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤーのダブル受賞に始まり“ザ・イヤー・オブ・ヒロシマ”だった。3月に岸田文雄外務大臣が「広島宣言」を出したG7外相会合で活躍され、オバマ大統領が平和公園に参拝、献花をされた。オリンピック水泳での本県関係者の金メダルは44年前の田口信教選手以来。国体でも広島県選手が参加した種目は続々と優勝した。そしてカープの優勝。世界的マーケティングの大家、フィリップ・コトラーが「国際平和にビジネスが貢献できる」と言っているが、まさに広島はそうだと思う。“ザ・イヤー・オブ・ヒロシマ”が来年以降も続き“ザ・イヤー・オブ・セトウチ”に広げて行きたい」と祝辞を述べられた。

また宇田伸県議会議長は「広島にエネルギーが凝縮していて、広島から世界へ花開いてほしい。知事ともども県人会を応援してゆきたい」と挨拶された。

この後、保田博副会長が、東広島市の「日本酒で乾杯条例」にのっとり、日本酒で乾杯の音頭を取り、着席式のテーブルでの懇親会が開宴した。

穏やかに懇親やお互いの自己紹介などが続いた後、国会議員や県議会議員の方々、市町長、中央省庁、経済界、他の県人会関係者などからの出席者が紹介された。

また広島市から「ザ・広島ブランド」のうち食品を中心として18種類の協賛品を頂いたことが紹介された。さらに東広島市、三次市、世羅町など各自治体などからも協賛をいただいたことが紹介されたのに続き、金森貴哉幹事長代理から「東京広島県人会創立70周年記念誌」への寄稿の呼びかけが行われ、懇談が再開された。

この後、東広島市の藏田義雄市長が「西条の酒蔵通りは8つの蔵元がまとまっている日本唯一の場所。杜氏の育成にも力を入れ、良質な水資源を背景に日本遺産登録を目指している」などと話された。

また三次市の瀬崎智之副市長は、「三次ワインは広島市でのG7外相会合の歓迎レセプションに提供できて、三次ワインの発展に喜ばしい年だった」と挨拶された。

また世羅町の海見裕嗣副町長は「昨年の高校駅伝の男女の優勝とともに、世羅ワインも国内ワインコンクールでの受賞を重ねていて、今後の発展が期待される」と話された。

また、広島県東京事務所の西邉初江次長が、今年12月の34日、東京世田谷区の二子玉川ライズで開催される「まるごとHIROSIMA博」、併せて展示される「広島東洋カープ優勝の軌跡」写真展について紹介。

最後に角廣勲副会長が中締めの挨拶とともに一本締めをされ、参加者は来年124日の「新春70周年記念懇親パーティー」での再会を約してお開きとなった。 

                                       以上

hk_001 hk_021 hk_059 hk_071 hk_075 hk_080 hk_097 hk_163 hk_176


 

8月 262016
 

Parse error: syntax error, unexpected '[' in /usr/home/mw2p3ziubf/www/htdocs/wordpress/wp-content/themes/suffusion/post-formats/content-gallery.php on line 36